エコビジネスデータバンク

バイオマスプラスチック、生分解性プラスチックを中心にエコマテリアル技術、開発動向を取り纏めた情報サイト。「バイオポリエチレン」「ポリ乳酸」「PHBH」などの注目素材を始めとし「紙製バリア材料」「リサイクル技術」等幅広い環境ビジネスの最新情報を届けます。

2019年度プラスチックリサイクル状況(プラスチック循環利用協会)

 

 一般社団法人プラスチック循環利用協会がプラスチック製品の再資源化状況(リサイクル状況)などを纏めた2019年度フロー図を公表した。今回はプラスチック循環利用協会が発表したリサイクル状況について詳細な情報を提供します。

 

f:id:sa06ya26:20210304210942j:plain

2019年プラスチックリサイクル状況

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

詳細情報

 

 一般社団法人プラスチック循環利用協会が発表した2019年度の廃プラスチックの有効利用率は85.3%と2018年から1.7%の増加であった。主にサーマルリサイクルの拡大が寄与している。2019年度のプラスチック生産量は約1,050万トン、廃プラスチック排出量は850万トンであった。

 

有効リサイクル率とリサイクル種別割合の推移

f:id:sa06ya26:20210304215404p:plain

リサイクル率の推移とリサイクル種別割合

 出典:https://www.nef.or.jp/keyword/na/articles_ni_03.htmlより引用

 

 

 

2019年のサーマルリサイクル率と二酸化炭素排出量

 

 513万トンの廃プラスチックがサーマルリサイクルされており、排プラスチック量の60.4%がサーマルリサイクルに利用されたこととなる。サーマルリサイクルによってエネルギー回収を行っているとされるが、サーマルリサイクルにより生じる二酸化炭素量は約1,344万トンとなり、非常に多くの二酸化炭素が排出されていることが分かる。

 

 

 

二酸化炭素排出量算出に用いる排出係数(廃プラスチックの焼却時)

 

f:id:sa06ya26:20210304231954p:plain

出典:地球温暖化対策地域推進計画策定ガイドラインより引用

 

 

 

政府が進める「プラスチック資源循環戦略」と現状

 

 サーマルリサイクルでは多くの二酸化炭素が焼却により排出されてしまう。そこで政府はサーマルリサイクルに代わるマテリアルリサイクルやケミカルリサイクルを拡大する方針を示した。しかしながら現状は厳しい状態が続いている。コロナウイルス感染拡大に伴い、使い捨てマスクの需要が高まっているが感染防止のため、焼却処分せざるを得ない。また、バーゼル法の発効により廃プラスチック輸出が制限され、79万トンの海外でのマテリアルリサイクルが減少することになる。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 欧州のプラスチックリサイクル率

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 ケミカルリサイクルに注力(住友化学

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 PETリサイクル事業参画(蝶理

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 

 

 

外部リンク

 

一般社団法人プラスチック循環利用協会 HP

http://www.pwmi.or.jp/index.php

 

一般社団法人新エネルギー財団 HP

https://www.nef.or.jp/

 

 温室効果ガス排出量計算のための算定式

https://www.env.go.jp/earth/ondanka/suishin_g/3rd_edition/ref2.pdf

 

 

 

 

 

関連タグ

 

【低炭素化】廃棄プラスチック由来の電気で植物工場(昭和電工&東急REIホテル)

 

 昭和電工株式会社が廃棄プラスチックから作る低炭素水素由来の電気を使用する植物工場で野菜を育てる仕組みが川崎キングスカイフロント東急REIホテルで始まった。また、水素を利用して電気や温水を作る「世界発の水素ホテル」に廃棄プラスチック由来の水素をパイプラインで供給する。今回は昭和電工株式会社川崎キングスカイフロント東急REIホテルの低炭素水素で資源循環に関する取り組みの詳細情報を提供します。

 

 

 

f:id:sa06ya26:20210203224132p:plain

世界発の水素ホテルの仕組み

出典:世界初の水素ホテルの仕組み|東急REIホテル【公式】より引用

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

詳細情報

 

 昭和電工株式会社川崎キングスカイフロント東急REIホテルが提携し「世界発の水素ホテル」に挑戦する。昭和電工社が廃棄プラスチックを熱分解することで水素を取り出す。得られた低炭素水素由来の電気を使って川崎キングスカイフロント東急REIホテル内で野菜を育てる。植物工場には水素供給のみならず、昭和電工社の高速栽培技術が採用されている。LED照明を使う完全人工光型の植物工場で、赤色と青色の光を交互に照射することで通常の栽培と比較して成長が早く、大きく育つ。同ホテル内の植物工場では1日に最大で12株の野菜が収穫が可能。また、川崎キングスカイフロント東急REIホテル燃料電池で電気や温水を作り、使用するエネルギーの30%を水素で賄う。使用する水素はパイプラインで昭和電工社から供給される。

 

 

 

 

 

技術内容評価

【新規性】

★★★★★

【経済への影響度】

★★★☆☆

SDGs貢献度】

★★★★☆

【実現性】

★★★★☆

【投資対象度】

★★★★☆

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

伊藤忠商事の環境ビジネスに関してはこちら↓↓

乳タンパク質由来プラスチック販売権獲得(伊藤忠商事

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 

 

海洋分解性プラスチックの情報はこちら ↓↓

ラクティプス社へ出資(三菱ケミカルHD)

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

環境ビジネス強化に関する情報はこちら ↓↓

環境ビジネス強化に関する情報(三井物産

 

プラスチック循環システムに関する情報はこちら ↓↓

PHBH循環システムに関する情報(カネカ)


 

 

 

 

外部リンク

 

昭和電工株式会社 HP

https://www.sdk.co.jp/

川崎キングスカイフロント東急REIホテル HP

https://www.tokyuhotels.co.jp/kawasaki-r/

 

 

 

 

 

関連タグ

 

 

次世代環境配慮製品に関する新プロジェクトを本格化(日清紡HD)

 

 日清紡ホールディングスが次世代環境配慮製品に関する2つのプロジェクトを本格化させることを発表した。今回は日清紡HD環境ビジネスに関するプロジェクトについて詳細な情報を提供します。

 

 

f:id:sa06ya26:20210309224128p:plain

裁断くずを活用したセルロースナノファイバー入りスクラブ剤

出典:http://www.aichi-inst.jp/newsrelease/up_docs/r020204cnfconf.pdfより引用

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

概要

 

 日清紡ホールディングスが次世代環境配慮製品に関する2つのプロジェクトを本格化させることを発表した。1つ目のプロジェクトはシャツのケミカルリサイクル信州大学と共同研究を開始している。2つ目のプロジェクトは裁断くずなどを活用したセルロースナノファイバーに関するプロジェクト。日清紡HDはプロジェクトを本格化し、長期的な地球環境に優しいものづくりによる成長を目指す。

 

 

 

Project 1:シャツのケミカルリサイクル

 

 日清紡HDが進める環境配慮型プロジェクトの1つ目はシャツのケミカルリサイクルだ。シャツ再生プロジェクトは信州大学と共同研究を開始。2023年の試験生産を目指して開発を進める。同プロジェクトでは日清紡HDが開発したイオン液体を用い、シャツに含まれるセルロースを溶解させ、セルロースフィラメントを生成する。開発したイオン液体は安全性が高く、環境汚染のリスクがすくないといった特徴を有する。再生したセルロース繊維は綿と同等の強度を目指す。

 

日清紡HDの出願特許に記載されているイオン液体の構造

 

f:id:sa06ya26:20210309224502p:plain

日清紡HDが出願した特許に記載されたイオン液体構造

出典:特許5866829 | 知財ポータル「IP Force」より引用

 

 

 

Project 2:裁断くずなどを活用したセルロースナノファイバー事業

 

 日清紡HDが進める環境配慮型プロジェクトの2つ目は裁断くずを活用したセルロースナノファイバーに関するプロジェクト。裁断くずを粗粉砕し、高圧湿式処理によりコットンセルロースナノファイバーを製造する。コットンセルロースナノファイバーは石けんのスクラブ剤への応用を進めている。コットンセルロースナノファイバーは生分解性を有しており、マイクロプラスチックの代替素材として環境負荷低減への貢献が期待される。

 

コットンセルロースナノファイバーのSEM写真

 

 

f:id:sa06ya26:20210309223930p:plain

左:裁断くず、右:コットンセルロースナノファイバー

出典:http://www.aichi-inst.jp/newsrelease/up_docs/r020204cnfconf.pdfより引用

 

 

 

 

 

 

技術内容評価

【新規性】

★★★★☆

【経済への影響度】

★★☆☆☆

SDGs貢献度】

★★★☆☆

【実現性】

★★★★☆

【投資対象度】

★★★☆☆

 

 

 

 

関連記事

 

 

 再生発砲ポリプロピレン事業(JSP)

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 リサイクルPETを使用したメガネ開発(内田プラスチック)

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 欧州のプラスチックリサイクル率最新情報

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 ケミカルリサイクルに注力(住友化学

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 

 

 

外部リンク

 

日清紡ホールディングス HP

https://www.nisshinbo.co.jp/index.html

 

国立大学法人信州大学 HP

https://www.shinshu-u.ac.jp/

 

 

 

関連タグ

 

ポリ乳酸(PLA)の耐熱性、透明性を改善する改質剤「TRIBIO」事業化へ(第一工業製薬)

 

 第一工業製薬株式会社がポリ乳酸容器に耐熱性、透明性などを付与するプラスチック改質剤「TRIBIO」の事業化に取り組むことを発表した。ポリ乳酸が抱える耐熱性、耐衝撃性、透明性を改善する新たな改質剤として注目されている。今回は第一工業製薬社の改質剤「TRIBIO」について詳細な情報を提供します。

 

 

f:id:sa06ya26:20210215224712p:plain

「TRIBIO」添加による改質効果検証試験

出典:https://www.dks-web.co.jp/catalog_pdf/575_2.pdfより引用

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

詳細情報

 

ポリ乳酸(PLA)とは

 

 ポリ乳酸(PLA)はトウモロコシやサトウキビなどの植物由来の原料から作られるバイオプラスチックです。世界的に最も注目されているバイオプラスチックであるが耐熱性、耐衝撃性、透明性などに課題があり、市場の拡大が妨げられている。

 

 

 

 

 

ポリ乳酸(PLA)の構造

 ポリ乳酸は不斉炭素をモノマー毎に有しているため、ポリマーはL体、D体の2種類が存在する。ポリ乳酸のL体、D体は互いに逆回りの螺旋構造をとる。L体とD体の螺旋がかみ合ったポリ乳酸はステレオコンプレックス型ポリ乳酸と呼ばれ、通常のポリ乳酸と比較して耐熱性が高い。一方、L体、D体の乳酸が混在するポリ乳酸はランダム型ポリ乳酸と呼ばれ、樹脂物性が低いため実用的ではない。

 

f:id:sa06ya26:20210216212407p:plain

ポリ乳酸(PLA)の構造

 

 

 

 

改質剤「TRIBIO」の特徴

 

 第一工業製薬社が事業化に取り組む「TRIBIO」を添加することでポリ乳酸の耐熱性や透明性を改善することが出来る。TRIBIO Tー310を10%添加したポリ乳酸の耐熱試験(95℃、3分間)では、透明性と形状を維持することが確認されている。希釈タイプのマスターバッチ「TRIBIO T-310MB」「TRIBIO-920MB」2種を開発し、日本バイオプラスチック協会からグリーンプラ認証を受けている。

 

 

 

 

 

技術内容評価

【新規性】

★★☆☆☆

【経済への影響度】

★★★☆☆

SDGs貢献度】

★★★☆☆

【実現性】

★★★★☆

【投資対象度】

★★★☆☆

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 ポリ乳酸(PLA)市場情報

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 

 バイオプラスチック市場情報

sa06ya26.hateblo.jp


 

 

 紙+ポリ乳酸で新素材(カミーノ)

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 

外部リンク

 

第一工業製薬株式会社 HP

https://www.dks-web.co.jp/

 

ポリ乳酸情報 HP

https://www.unitika.co.jp/terramac/how/

 

 

関連タグ

二酸化炭素を原料としたリチウムイオン電池向け電解液原料に関するライセンス事業を強化(旭化成)

 

 旭化成株式会社がリチウムイオン2次電池向け電解液原料に関するライセンス事業を開始すると発表した。二酸化炭素を原料とする環境配慮型技術を強みに受注獲得を目指す。今回は旭化成のライセンス事業に関する詳細な情報を提供します。

 

 

f:id:sa06ya26:20210223195938p:plain

リチウムイオン2次電池の構造

出典:リチウムイオン二次電池用電解液、その他の電解液 ソルライト® | 製品情報|三菱ケミカル株式会社より引用

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

概要

 

 旭化成株式会社がリチウムイオン2次電池向け電解液原料に関するライセンス事業を開始する。二酸化炭素を原料として使用することで環境配慮型材料として、排ガス規制強化を受けて電気自動車などの環境対応車両への普及を見込んでいる。電気自動車の普及に伴い、リチウムイオン電池向け材料も高い成長が見込まれる。製造技術のライセンス供与を実施するのはジメチルカーボネートDMC)とエチレンカーボネートEC)。今回のライセンス事業ではDMCあるいはECの製造プラントの設計から立ち上げまで一連の流れを支援する。

 

 

f:id:sa06ya26:20210223201920p:plain

ジメチルカーボネートDMC)の構造

 

 

f:id:sa06ya26:20210223202049p:plain

エチレンカーボネートEC)の構造

 

 

 

 

旭化成の独自製法の特徴

 

二酸化炭素を原料として利用する

 

 旭化成DMCEC製法の最大の特徴は原料に二酸化炭素を使用することだ。DMCの構成原子のうち31%が二酸化炭素由来であり、ECでは50%が二酸化炭素由来となる。そのため、リチウムイオン電池に「環境配慮型」という新たな価値を付与することが可能となる。

 

 

 

製造プロセスのトータルコストメリットと安全性

 

 旭化成DMCEC製法の2つ目の特徴はトータルコストメリットだ。ECからDMCを製造する際にエチレングリコール(EG)が副生する。エチレングリコールは合成繊維の原料などに使用されるため、産業的な価値が高い。副生物を含めると旭化成二酸化炭素を原料とする製造プロセスはプロピレングリコールからDMCを製造するプロセスと比較してトータルでのコストメリットが大きい。また、一酸化炭素からDMCを製造するプロセスも存在するが、製造工程で塩素を使用するため、旭化成二酸化炭素を原料とするプロセスは安全性が高い

 

 

f:id:sa06ya26:20210223205347p:plain

旭化成DMCEC製造プロセスにおける化学反応式

 

DMC、ECの市場性

 

 世界各国で自動車の排気ガス規制が強まり、2021年には新たな廃棄ガス規制「CAFE規制」が本格施行される。こうした規制の強化から環境対応車の投入計画が相次ぎ、リチウムイオン電池材料の市場が拡大している。一方、DMCの製造は日本と中国の化学メーカー数社に限られており、欧州からの需要が今後も増加すると推測される。

 また、DMCリチウムイオン2次電池の電解液の溶媒として利用されるだけではなく、エンジニアリングプラスチックとして有名なポリカーボネート樹脂(PC樹脂)の原料として使用されており、化学品原料としても成長が期待出来る。

 

 

 

 

 

事業内容評価

【新規性】

★★☆☆☆

【経済への影響度】

★★★★☆

SDGs貢献度】

★★★☆☆

【実現性】

★★★★☆

【投資対象度】

★★★★★

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 二酸化炭素を原料としたエチレン合成(ブラスケム)

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 セメント製造工程で二酸化炭素再資源化NEDO

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 室温条件で二酸化炭素からメタン合成(静岡大学

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 

 

 

外部リンク

 

旭化成株式会社 HP

https://www.asahi-kasei.com/jp/

 

宇部興産株式会社のDMC事業 HP

https://www.ube-ind.co.jp/ube/jp/news/2012/20120409_01.html

 

 

 

 

 

関連タグ

水素技術でオーストラリアのヘイザーグループと覚書を締結(千代田化工建設)

 

 千代田化工建設株式会社がオーストラリアのヘイザーグループと水素技術で提携することを発表した。今回は千代田化工建設の環境ビジネス情報を提供します。

 

 

 

千代田化工建設、豪州企業と提携 水素の生産体制を強化へ | ニュース | 環境ビジネスオンライン

出典:千代田化工建設、豪州企業と提携 水素の生産体制を強化へ | ニュース | 環境ビジネスオンラインより引用

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

詳細情報

 

 千代田化工建設株式会社がオーストラリアのヘイザーグループと水素技術で提携することを発表した。ヘイザーグループが開発したメタンガスから水素とグラファイトを効率的に生産するプロセスの日本における商業展開について覚書を締結した。覚書に基づき、ヘイザーグループのプロセスを活用して、日本国内における未利用のバイオマス原料やメタン資源から水素とグラファイトを生産する設備の開発に取り組む。

 ヘイザーグループは2010年に設立されたテクノロジー開発企業で、前出のヘイザープロセスの商業化に取り組んでいる。天然ガス類のメタンガス原料に鉄鉱石触媒を利用することで水素やグラファイトに効率的に変換する。低コストでかつ二酸化炭素排出量を削減でき、効率的に水素を製造することが出来る優れたプロセスとなっている。

 

 

 

 

 

技術内容評価

【新規性】

★★★☆☆

【経済への影響度】

★★★☆☆

SDGs貢献度】

★★☆☆☆

【実現性】

★★★★☆

【投資対象度】

★★☆☆☆

 

 

 

 

関連記事

 

 

 カーボンリサイクル(JFEエンジニアリング

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 ケミカルリサイクルに注力(住友化学

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 カーボンリサイクル(NEDO

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 

 

 

外部リンク

 

千代田化工建設株式会社 HP

https://www.chiyodacorp.com/jp/

 

HAZER GROUP LIMITED HP

https://hazergroup.com.au/

 

 

 

 

 

関連タグ

マレーシアに大規模藻類培養設備建築へ(ちとせ研究所)

 

 株式会社ちとせ研究所新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO)が公募したバイオジェット燃料に関する受託事業に採択され、マレーシアに大規模な藻類培養設備を建設する。今回はちとせ研究所藻類培養事業に関する詳細な情報を提供します。

 

 

f:id:sa06ya26:20210223155254p:plain

藻類培養設備(ちとせ研究所)

出典:ちとせの藻ヂカラ[後編] -ちとせの武器、3つの藻ヂカラ- – CHITOSE JOURNALより引用

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

詳細情報

 

 株式会社ちとせ研究所新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO)が公募したバイオジェット燃料に関する受託事業に採択された。事業期間は2020年~2024年度で、2020年~2022年度は委託事業、2023年~2024年度は助成事業としてマレーシアのサラワク州に5ヘクタール程度の藻類培養設備を構築する。純バイオジェット燃料製造に適した微細藻類を選定し、火力発電所由来の排ガスを利用した大規模な藻類培養の実証を行う予定。

 

 

 

 

 

ちとせ研究所が実施するNEDO採択テーマの特徴

 

 NEDOが公募した「バイオジェット燃料生産技術開発事業/実証を通じたサプライチェーンモデルの構築、微細藻類基盤技術開発」において、ちとせ研究所の新規大規模藻類培養テーマが採択された。プロジェクトの特徴を下記の通りだ。

 

・プラスチックフィルム型フォトイオリアクター技術を応用する

発電所由来の排ガスを利用する

・複数の微細藻類を用いる

・マレーシア サラワク州の州立研究機関や電力会社と連携している

 

 

 

 

 

ちとせ研究所の他藻類培養事業

 

 2019年に三菱商事株式会社などと共同でサラワク州に熱帯環境下で最大級となる1,000平方メートル規模の大規模藻類培養施設を建設している。さらに、ちとせ研究所ではバイオジェット燃料向けの藻類培養のみならず、バイオプラスチックの原料となり得る藻類培養技術を開発している。

 

 

 

f:id:sa06ya26:20210223163307p:plain

屋外大規模藻類培養設備

出典:バイオ燃料用微細藻類の屋外大規模培養設備(培養池面積:1500㎡)を公開いたしました。 | News | ちとせグループより引用

 

 

技術内容評価

【新規性】

★★☆☆☆

【経済への影響度】

★☆☆☆☆

SDGs貢献度】

★★★★☆

【実現性】

★★★☆☆

【投資対象度】

★★★★☆

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 藻類スピルリナに関する開発(パナック)

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

 デンプンを用いたサスティナブル素材(ランクセス)

sa06ya26.hateblo.jp

 

 

外部リンク

 

株式会社ちとせ研究所 HP

https://chitose-bio.com/cl/

 

三菱商事株式会社 HP

https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/

 

 

 

 

 

関連タグ